メニュー

PROFILE

浦浜アリサ

浦浜アリサ

Alisa Urahama
Date of Birth
May 7.1990
Home Town
Hyogo
Size
Height:174㎝ Shoes:23.5㎝
B / W / H
B:86㎝ W:59㎝ H:88㎝

懐かしの味

兵庫県は川西市という街で生まれ、

16歳の終わりまで過ごした私の故郷。

今もその街に変わらずある、

幼少の頃から親しんだ、

『ケーキのおおたに』という

洋菓子屋さんがあります。

川西市の名産でイチジクがあるんですが、

それをフレッシュなまま使った

ショートケーキや焼き菓子が絶品。

の、中で…
私が小学生の時から特に大好きなのが

ここの生チョコ。

まだ兵庫から通って撮影に行っていた頃、

雑誌で新人モデルとして取り上げてもらった

浦浜アリサ特集ページにて、

好きなものインタビューでこのチョコを

答えたほど大好物。


上京してからは中々お店に寄る機会もなく、

ご無沙汰してましたが…
  

なんと今日、

大谷さんのご厚意で届きました。


お店には、当時のその雑誌の切り抜きを

未だに飾って下さっているそう。



東京は最先端だし、美味しいものには

沢山出会えますが。

童心に帰れるこの優しい甘さは

この生チョコでしか味わえないな〜。


嬉しすぎました。

暖かい幸せをありがとうございます

大谷さん♡


良いバレンタインだ…♡

…私貰う側になってるけど。笑



お取り寄せもできるのでこの時期は

特にオススメですが、
関西にお住いの方、

または大阪や兵庫に行く機会のある方。
是非お店で体験してみて下さい。

川西名産 ケーキのおおたに


阪急宝塚線で梅田から一本、

急行だと20分かからず着く街なので

意外と近いよ?(^-^)




Happy Valentine’s day!!☆

十二支

干支が一周するって、

遥かに時間がかかるように思うけど

感じてみるとあっという間なんだなと。


今日、母の十三回忌でした。


かなり沁みましたね、有難いお説教。



インタビュー等で話しているので

公表はしてますが、滅多に母のことは

話してないですね。

必要以上にバックグラウンドを明かすのは

好きじゃないので、勿論今後も語るつもりは

全くないです。


が。

唯一これだけ、

今日感じた事を書き留めておき、

そしてこれを読んでくれたご縁ある皆さんに

ほんの少しでも伝わって、

ほんの少しでもきっかけになれたら。



会いたい人には会おうね。

距離も事情も月日も、

そんなことはどうでもよくてね。

理由にならないの。


生きてりゃ会えるよ。

物理的に、どう考えても。

それだけで本当は十分なはずよ。




心の底から、

みんなに幸あれ。

2015→2016

今年頭に掲げた抱負。
今だから明かしますが…
「挑戦の年」 でした。



字の如く、頭っからいきなり
新しい世界に飛び込みに行ったしね。


あのNYの旅は本当に貴重だった。

 

帰ってきてから、
今年の仕事の向き合い方が完全に変わった。


前から甘えるタイプではなかったけど、
自分で言える程にストイックになれた。

一時期は、マリオのスーパースターモード
みたいな感覚だった時もあったよ。笑


そんな、得たものを大切にしながら…


 

既に来年の抱負は、
先日の真冬の線香花火に込めてきた。




言わないけどね♡




今年も沢山沢山お世話になりました。
特に今年は、泣ける位嬉しい言葉を
色んな方に頂けた印象が…。


目に見えない宝物をありがとうございます。


いつ会っても飽きられない、
新鮮な被写体で、女で、人間でいたいな…
と思ってます。


来年も宜しくお願い致します。


皆様。良いお年をお迎え下さい。




2015.12.31    Alisa Urahama

商人(あきんど)の心得

1コ前のポストを見たら、
年始のご挨拶…。


どんだけ放ったらかしてんねん、と。笑


TwitterやInstagramだけじゃなく、

せっかく作っていただいた

素敵なページのブログなんだから、

毎日とは言わなくても

永く書き留めておきたいことくらいは

真面目に更新しないとなぁ…

と反省して、投稿した次第です。


これ、今年のやり残したことを考えたときに

思いついたうちのひとつね。笑

で、その他のやり残していたこと。

の一つを、今日叶えてきました。

   
 

  
  
室町時代後期に京都で創業し、

昭和39年、1964年に

前回の東京五輪の時に今の場所に建てられた、

『虎屋』赤坂本店。

今日を以って休業し、約3年かけて建て直されると。
8月にそんな話を耳にし、行かなければ…

と思いながら伸び伸びになってしまいました。

他の店舗では商品を買ったり、

赤坂に本店があることも知っていたのに、

実は一度も行ったことは無かったんです。

昨日の夜それをふと思い出し、

おばあちゃんに、並ぶかもしれないけど

付き合って〜♬とわがままを聞いてもらい、

今日お昼に2人で地下の菓寮に行ってきました。

 

  
  

私は、夏の虎屋といえば…な、

宇治金時のかき氷。

(流石に寒いので小サイズにしました。笑)

抹茶のシロップが凄く濃くてたっぷりなので、

最後までしっかりと味の濃いまま。

底には小倉餡もあって、

後半は混ぜつつ食べる楽しみも。

おばあちゃんは、手前にある

暖かいこし餡のお汁粉。お餅入り。

どちらも2人で少しシェアしながら

食べたんですが、

お汁粉もびっくりするほどとろみがあって、

濃厚なのに甘すぎないから飽きなくて。


多分他の店舗でも食べられるメニューだけど、

今日ここで、って事に価値があるからか、

更に貴重な感じがして美味しかったです。



そして。帰りに自宅用のお土産にと寄った

販売フロアには、当たり前ですが大行列が。


お店の方とお客さんとの

「いつもご贔屓に…」とか、

「寂しくなりますねぇ」なんて

会話も色んな所からちらほら。


歴史ある立派な建物と、

一人一人に対する暖かい接客…

何より、常連さんかな?

惜しむ人達で溢れかえった店内。

500年近くある老舗が、どれだけ愛されて

今も変わらずやってきたかが分かりました。


その後、帰りの電車で色々検索していたら、

虎屋のホームページに載っている

17代目現社長の『休業のご挨拶』を見つけて。

それが余りに素敵でね。

電車の中なのにサングラスの下で

ちょっとうるっときちゃったの。

「商人の鑑」だと、話題すぎてニュースにも

なっていたみたいです。

https://www.toraya-group.co.jp/toraya/news/detail/?nid=76

以前NHKで、大阪の商人をテーマにしたドラマ

『銀二貫』に出演させていただいた身として、

とてもぐっとくるものがありました。


並んだ甲斐があるし、ほんと来てよかった。

ジャンルは違うけど、

私も見る人にこうやって暖かい気持ちに

なってもらえる仕事をしていかなければ…と

大変勉強になりました。



3年後のオープンには、

また絶対来るって決めてます♡

遅〜い年始のご挨拶、そして…

年末きっちり書いたのに新年のご挨拶が

流れ流れてこんな時期に…笑





ひとまず、今年も皆さん、

何卒宜しくお願い致します。





どんな年にしたいですか?

目標に向かって何か始めた方もいる?






私はですね。

早速動きます。





年末頃から水面下で進めてたのですが、

(とかいって問題山積みすぎてたまに

TwitterやらInstagramで愚痴ってたし

何匂わせてんだこいつ?って思った人も

いたでしょうね笑)




3日後から、ちょっと日本を離れます。

人生初の地、New Yorkへ。

なんなら単身も初。

もっと言うと、プライベートで

海外に行くのも大学の卒業旅行以来。

ちなみに1週間以上も初。

正式な帰国日未定、ってのも初。

…”初”を一度に詰め込みすぎた。笑

サバイバルすぎる。

英語力もほぼないくせに。笑





でも、モデルとしてそれなりに

挫折や苦労もしてきたつもりですが…

いやいやそれでも全然恵まれてたはず。

それに甘えて生ぬる〜くなっちゃってる

自分がいる気がして。




過保護に箱入り娘に育てられた私が、

根性叩き直すにはこれくらいが

ちょーどいいかも。







他にも、これに至るまでは紆余曲折、

年月かなりあったんですが…





いまはこれ以上は語りません。


「無言実行」にさせて下さい。








あ。そう。

もうひとつ、初があるとすれば…




「東京ランウェイ」

前身である「神戸コレクション」の

東京公演時代も含めると、15歳の

秋冬から丸9年、皆勤で出演し続けた

すごく思い入れのあるショーですが。




今回初めて辞退させていただきます。

正直これが凄く心残り。てか悔しい。

記録が止まっちゃうわけだからね。






「ステージで会うの楽しみにしてます」

とか

「何で今回ゲストモデルに

載ってないんですかー?」

っていうコメントをちょこちょこ

もらってたんですが、

こういう訳だったんです。





その分必ず成長して、次にあの

ステージを歩く時は、とんでもない

トランスフォームできるようみっちり

武者修行してくるので、

それまで待っててください。







…とりあえず。第一にして最難関。

お願いだから飛行機飛んで。

ニュース見る限りえげつないぞ…。

ブリザードで欠航とかほんと勘弁。笑

年末に想ふ事。

師走ですね。


年の瀬ですね。




なーんかなぁー…
まだあんまり実感ないっ‼︎笑



街中に溢れてきたイルミネーション
見ても、正直ピンときてないなぁ。



毎年のように
「もう年末っ⁈」って驚いてるけど、
今年は何故だかいつも以上に早い。
まだ感覚的には半年弱くらい。笑



これは日々が充実してたのか、
はたまた何かに追われてたのか。



ひとまず、「何かやり残しはないか」
って考えた時に…

あ。ブログ。

って思ったんで更新してみた次第。笑





…ん、でも思い返せば。
今年いっぱい悩んで考えてたからかな。
特に夏とか。
”らしくない私”が見え隠れしてたかも。




今となってはただの、定期的に
やって来るスランプの、ちょっと波が
デカい版だったんだけどね‼︎笑



みーんなと同じで私にもあるんですよ♡
人間だもの♡笑




最近はクリアな思考で過ごせてるので
とーても気楽です。

大掃除もぼちぼちやんなきゃいけない
わけですから先に脳内さっぱり
できて、結果良かったんだろうね。




と、いうことで。
まずは洋服の整理から始めてます。


相当収納しやすくなった‼︎‼︎笑
どんだけ溢れてたんやって話です。


状態が良いものは売って、
年季が入ってて人様の手に渡るには
流石に失礼かなと思うものはH&Mの
レジ横のリサイクルに持ってってます。

(これほんとにオススメ‼︎布製品なら
ブランド問わず何だって受け取って
くれます。破れてても汚れてても、
燃やして燃料にしたりと全てを
無駄なく使ってくれるそうで。
世界共通で常設なので気になった方は
是非検索を。)



この時に大事なのは、


潔 さ 。



回を重ねるごとに、我ながら思うよ。
容赦ないなって。笑


「これはマストハブ‼︎」って
思うもの以外、基本断捨離します。

ちょっとでも迷ったら置いとかない。
…だからね、たまにあるよ。
「はっ。あれ何で出しちゃったんだ涙」
ってやつ。笑



でもここまで出来るようになったの
ほんと最近なの。

元々、いじましいのか知らんけど笑
何でも”もったいない””いつか使うかも”
って変な愛着湧いちゃう人間で。



忘れもしない、一昨年の誕生日当日。
人生で初めてね、ケータイの電話帳が
全消滅したことがあって。


パソコンも古くて調子悪かったのも
あって、バックアップも取れてなかった
から復元も不可能。



友達は勿論、何が困ったって…
仕事相手‼︎


自分の誕生日からの丸3日、
電話とメールの履歴から地道に
ひとつずつ手作業で登録し直す、
腱鞘炎一歩手前な地獄作業を
やり遂げました。

(この時に、「誕生日おめでとう」
メールをくれてた人達のことは一生
大事にするって誓ったよね。笑)


で、気付いたんです。
深い付き合いしてる方って、
何かと頻繁に連絡取ってるから
すぐに繋がれるの。

さらに驚いたのは、
久しく会えてなかった人もね、
何故かタイミング良く
「元気ー⁈」って連絡来ちゃう。
道端でバッタリ会えた人までいたり。

何⁈誰かから聞いたの⁈
どっかで見てたの⁈
って思うくらい。



だから、意外とあっという間に
不便な状態からは抜け出せたの。

もっと言えば、これのおかげで
電話帳自体が凄くシンプルになった。




何にでも共通するね。


それが事故でも意図的でも、
例え後悔するって分かってても、


本当に自分にとって大事なのかを
判断するために、
一度手放すことも良い手段だなと。



だから洋服もそうなのよ。さっきの話。
「取っとけば良かった‼︎」って後悔した
ものでも、似たような新しいもの、
何なら前のより質が良いものとまた
巡り会えたり。




絶対に自分にとって必要なのなら、
必ずまた戻って来てくれる。



いつかどっかで再会できるんだって
考えたら、案外怖くない。
楽しみとさえ思える。




さぁさっ。
潔くいきましょ。


迷ってばかりじゃ、
溢れかえったその山の中に
大事なものが埋もれちゃう。



身軽な自分で迎える
キラキラな新年に期待している
ここ最近ですっ♡(^-^)

LADIVA by EDWIN

こないだ8月頭に撮影して、
「写真の出来上がり最高だし、すっごい達成感。」
ってTwitterで言ってたとある仕事…



IMG_9093.JPG

今季、LADIVA by EDWINのビジュアルモデルを務めました。



このブランドでの起用、2度目でしかも5年ぶり‼︎
長い時間が経って、またこうやってお話を頂けたことが
凄く嬉しいし、とても感慨深い…。
自分で言うのも変だけど、やっぱり前のと比べると、
幼さあどけなさはなくなった気がする。笑


東京駅ナカにある、東京一番街に今日からSHOPがOPEN。
いま行ってきました( ´ ▽ ` )ノ
ビジュアルと、同時に撮ったショートムービーも店舗で見れます♪





IMG_8792-0.PNG




デニムなのにデニムじゃないみたいな、
レギンス並の履き心地の良さと、
60種類以上の色と柄のバリエ!
是非体験して下さい♡

ほんとはお店での試着をオススメするけど笑、
LADIVA履き慣れてる方はEコマースでも買えますよ(^-^)

http://edwin-ec.jp/category/CSfCategoryTop_SP.jsp?brandCd=105&cateCd=002





Alisa Urahama

キレイゴト。(w/ English sub.)

今から少しだけ、希望のない話をするけど。
From now I’m gonna talk about a little bit hopeless thing though,




この世知辛い世の中、綺麗事じゃ片付かないことの方が多い。
We know well that we can’t live with only whitewashing.





どんなに努力しても叶わない夢はある。
No matter how much you work hard, some of dream doesn’t come true.

届かない願いもある。
Some of wish is out of reach.

大切なものだって奪われることもあるし、
Sometimes your precious thing deprived by someone,

信じてたものに掌返されたりもする。
Sometimes you’re betrayed by someone that you believe in.

正直者が馬鹿を見るともよく言ったものだし、
Japanese traditional proverb said “Honest people does not always pay”,

心の底から祈っても奇跡だって起こらない。
Even if you pray from bottom of the heart, miracle doesn’t happened.






歳を重ねる度、経験を重ねる度、
”現実”って言葉の意味を、もう嫌ってほど分からされるよね。
Every time we grow up and get experience,
should understand what is a word of “reality” mean and face it.




打ち当たる壁は多くて、打ちのめされる時もあるけど。だからって、
So many walls we run into, so many times we’re beaten by that.
However,








腐ったら負け。
You never rotted your spirit.
全部終わり。
It’s all over if you rotted your mind.








納得できないものから目を背けて、シャッターして、
look away from things we can’t convinced, shut it out,

「どうせ」とか「今までだって」を口癖にするのって、
then have a habit of making a reason to run away.

自分を守る最強の鎧をつけてるようで、本当は脆さを正当化してるだけ。
It seems wearing powerful armor to protect oneself, but actually only justify the fragility.

それ理由にしてたら、何もかも凄く簡単じゃんね。
That’s way too easy for everything.






追い続けること、信じ続けること…
Keep chasing, keep believing…

何かを”続ける”ことの方がよっぽど難しいし、
To “keep on” something is harder than to waste something,

それができるのは本当の意味で強い人。
and the people who can do that is strongest person in a real sense.

みんながみんな、そんな強い人になれたらいいけど、
I wish all of people in this whole world could be such a stronger,

実際これだって綺麗事。
but this is also “whitewashing”.

私だって、頭で分かってたっていざとなったら出来やしない。
Even I can’t do either when I’m in the situation.





ただ、
どんな人でも平等に唯一できるのは、
However, just a thing that everyone can do in equality is…








賭けること。
Bet every single one.

可能性、未来、人、全てに。
For possibility, for future, for people, for everything.







人生、なんだって全部ギャンブル。
All of this Life is like a gambling.

信じる信じない、出来る出来ない。
Believe or not? Can or cannot?

結果なんて、後からついてくりゃいいでしょ。
Whatever such a things. Results will follow later.






少なくとも、
At least,

腐り切って、賭けることすら辞めた人のところには何一つ生まれない。
Nothing comes out from the people who wasted all and gave up to bet.






簡単で楽な道より、スリリングで難しい道を選びたい。
I wanna choose difficult exiting way than ordinary easy way.

誰からもリミットを決められてないなら、
If I don’t have any time limit,

諦めの悪い人間でいたい。
I wanna be a girl don’t know way to give up.





これだけは、綺麗事じゃないと思ってていいでしょ?
I think this is not “whitewashing”, isn’t it?







Alisa Urahama

大きくなったよ。

今から約20年前、私のキャリアスタートと言ってもいいこのブランド。


私、昔このfamiliar(ファミリア)という子供服ブランドの専属モデルをしていたんです。


Almost 20 years ago…
My career as a model started with this kid’s wear brand named “familiar”.
I was an exclusive model of this brand when I was a child.



IMG_9008-0.JPG

ファミちゃん、久しぶり。

It’s been sooo long time, fami-chan.




IMG_9009-0.JPG
今や私…あなたより背が高くなったね‼︎

I really grew up and now I’m taller than you!




IMG_8998-0.JPG





IMG_9002-0.JPG

素敵な再会でした。
童心に返った気分でした。

What an amazing reunion.
Just feeling like my childish innocent came back.





Alisa Urahama

”再初”の一歩。

設立から8年、初のリニューアル。

そしてブログのお引っ越し。


心機一転、再スタートってことで、

こんな造語で表してみました。





長年支えてくれている、大切な

パートナーであるマネージャー。

そんな彼女が、最近まで悩み、やさぐれ

どうしようもなくなりそうだった私を

見て与えてくれたこの未開拓の場。



そのおかげで、

やっと進みたい方向が定まりました。





「場所がなければ作ればいい。」




無謀すぎないか?と思ったその言葉が、

本当にこうやって形になりました。





ずっと思ってました。

モデルなら、

言葉じゃなく写真で語りたいなと。




役者が、別の魂を得て他の誰かの人生を

生きているように、

モデルも与えられた人物像を取り込んで

生きているんです。





アプローチは違うけど、同じ表現者。




そんな中でも特に私は、

言葉も発せない、動きも届かない、

静止画という制限された枠の中なのに、

あんなペラペラの紙切れ一枚なのに、



感情・歴史・空気の流れ…

限界なく何だって伝えられることに、

これ以上ない面白さを感じてます。




もっと、自分自身がアートになりたい。

見たことない自分が見たい。

出会うはずなかった自分の表情と

出会いたい。




そしてそれが、

映画や音楽と同じ様に、もしかしたら

誰かの人生観まで変えてしまうような、

マインドに雷を落とすみたいな衝撃、

脳裏に焼きつくような記憶に残る光景。

そんな一枚を、少しでも多く

遺せていけたらなと。




全てがデジタル化された現代だけど、

写真は、紙は、実はずっと形に残る。




いつか、この作品達が一冊の本になり、

私が死んだ後も何処かで受け継がれて

残っててくれたら。

それが私の目的。目指すところ。





有名人になりたいんじゃなく、

職人でいたいんです。

名前を残したいんじゃなく、

画を残したいんです。





やりたいことを全て、

ここで全力で出し切ります。




Gallery、随時更新していきます。


少しでも皆さんに響きますように…。





Alisa Urahama